Logo stockvoice

Market Overview

【個別株】高田工業所がS高、工事順調で上期計画から上振れ着地

2019/11/07

鉄鋼・化学関連の中堅プラント工事会社で東証2部上場の高田工業所(1966)が3連騰した。午後0時52分現在、制限値幅上限の前日比100円(16.23%)高の716円ストップ高買い気配で推移している。 

 6日に2020年3月期上期(19年4~9月)連結決算を発表した。営業利益は16億6000万円(前年同期比78.0%増)と従来計画の11億2000万円から上振れ着地した。純利益は従来予想の7億5000万円を上回る10億7500万円(同83.0%増)となった。化学プラントの定期修理工事や電力設備の建設工事が増加した。業務効率化によるコストダウンや生産性向上を推進した成果が出た。通期計画については据え置いたが、市場では増額修正期待が高まった。