Logo stockvoice

Market Overview

【個別株】カシオ計算機が3年半ぶり高値、好調な2Q決算受け買い戻し

2019/11/08

カシオ計算機(6952)が急騰して年初来高値を更新。2016年5月以来およそ3年半ぶりの高値をつけており、午前9時49分現在では前日比174円(9.8%)高の1942円で推移している。

 7日の引け後に発表した今2020年3月期の第2四半期累計(19年4~9月期)連結決算が予想から上振れて着地したことを好感し、カラ売りの買い戻しを交えて上値を試す展開となっている。同期の売上高は1457億5100万円(前年同期比0.4%増)、純利益が127億3100万円(同14.6%増)だった。時計は「G-SHOCK」が好調で楽器は高収益モデルの拡大と構造改革効果によって採算が改善。第2四半期(19年7~9月期)に限った純利益は78億2800万円(前年同期比24.3%増)と伸びた。通期予想は売上高を3150億円から3100億円(前期比4.0%増)へ小幅下方修正したが、当期純利益225億円(同1.6%増)などの利益予想は据え置いた。

 また、当社株は直近の信用残動向で売り残72万5300株に対して買い残は18万1500株。信用倍率は0.25倍で6日の日証金ベースでは5銭の逆日歩がついており、苦しくなった売り方が損失確定のために買い戻す動きもあるとみられる。