Logo stockvoice

Market Overview

【個別株】テルモは大幅高で3日ぶり上場来高値、上振れの2Q決算を好感

2019/11/08

医療機器大手のテルモ(4543)がまとまった買い注文を集めて大幅高。株式分割を考慮した実質で3日ぶりに上場来高値を更新しており、時価総額は初めて3兆円を超えてきた。午前11時22分時点で前日比464円(13.1%)高の4006円となっている。

 7日の引け後に発表した今2020年3月期の第2四半期累計(19年4~9月期)連結決算(IFRS)が好調で予想から上振れたことを好感した買い注文が朝方から増加した。売上高は3072億7800万円(前年同期比7.8%増)、純利益が457億1100万円(同32.7%増)となり、同利益は当社が公表していた385億円という従来予想を大きく超過達成した。カテーテルを中心に主力の心臓血管が2ケタ増収となり、収益拡大を牽引した。売上高6350億円(前期比5.9%増)、当期純利益810億円(同1.9%増)などの通期予想は変えていないが、同利益の進捗率は約56%と高く、今後の上方修正を期待する投資家も増えているようだ。