Logo stockvoice

Market Overview

【個別株】三菱UFJが続落 上期は予想トントン、自社株買いも効かず

2019/11/14

三菱UFJフィナンシャル・グループ(8306)が続落。13時30分時点では前日比9.4円(1.6%)安の577.5円と売りが先行している。

 前日発表の今2020年3月期上期(4-9月)決算は、経常収益が前年同期比6.2%増の3兆5852億円、経常利益は10.2%減の7952億円、純利益は6.3%減の6099億円だった。通期見通しは純利益のみ開示しており、9000億円との目標値を据え置き。通期に対する進捗率は68%とやや高めだが、上期業績については事前に観測報道があり、報道内容とほぼトントン。ポジティブサプライズはなく、きょうはどちらかと言えば売り物に押されている。

 当社は発行済総数の0.77%にあたる1億株、500億円を上限とする自社株買いも発表しているが、こちらもあまり効いていないようだ。