Logo stockvoice

Market Overview

【個別株】ヤマハ発動機が7か月ぶり高値 5月急落のマド埋め

2019/11/14

ヤマハ発動機(7272)が大幅高。13時45分時点では前日比103円(4.7%)高の2293円と買いが先行。11時25分には2355円まで上伸し、4月25日以来7か月ぶりの高値を取る場面があった。前日発表の今2019年12月期第3四半期累計(1-9月)決算が好感されているもよう。

 同期間の売上高は前年同期比0.4%増の1兆2672億円、営業利益は13.4%減の999億円、純利益は7.5%減の756億円だった。前年同期比では減益着地だったが、今期通期計画に対する進捗率は営業利益で79%、純利益で94%と高め。先進国での二輪車事業の赤字が縮小しているうえ、インドネシアなど新興国で高価格製品の販売が増加。プレジャーボートなどのマリン事業も好調という。

 当社株は5月7日の第1四半期決算発表後、翌8日に急落してチャート上にマドを開けたが、きょうの上昇でこれを埋めた格好。