Logo stockvoice

Market Overview

【個別株】チャームケアが大幅続落、公募増資発表受け1株益希薄化懸念

2019/11/18

近畿中心に介護付き有料老人ホームを展開するチャーム・ケア・コーポレーション(6062)が大幅続落。午前10時54分時点では前週末比234円(10.70%)安の1951円で推移している。

 15日の引け後に公募増資などで最大44億円あまりを調達すると発表しており、1株利益の希薄化などを懸念した売り注文に押されている。増資によって200万株を新規の発行するほか、需要動向をみながらオーバーアロットメントによる売り出しも30万株を上限に実施する。発行価格は11月25日から28日までの間のいずれかに日に決定する予定で、発行済み株式数は最大で約16.4%増える。調達資金は有料老人ホームの建設資金などに充当する計画だ。また、12月31日を基準日に1株を2株に分割する方針も明らかにした。これに伴って20年6月期末の配当予想を10円から6.5円に修正しており、実質では3円の増配になる。