Logo stockvoice

Market Overview

【個別株】ヤーマンが強い 減額修正発表でアク抜け

2019/11/18

 東証1部上場で美容・健康機器を製造するヤーマン(6630)が強い。12時45分時点では前週末比30円(4.3%)高の722円付近で推移している。前週末に今2020年4月期第2四半期累計期間(19年5月~10月)と通期業績予想の修正を発表。いずれも大幅な減額修正だったが、当社はすでに第1四半期時点で大幅な減益決算を発表しており、今回は悪材料出尽くし感が意識されているようだ。
 
 インバウンド需要の後退や香港・韓国の政情不安定などの影響で、通期売上高見通しを従来予想比15.9%減の232億600万円(前期実績272億5200万円)、営業利益を48.5%減の30億700万円(同57億500万円)、純利益を52.3%減の17億6000万円(同35億3900万円)とした。