Logo stockvoice

Market Overview

【個別株】土木管理試験所が大幅続落、株主優待制度の廃止受け嫌気売り

2019/11/18

土木建設工事に必要な試験・調査・分析を行う試験総合サービスと地盤補強サービスを手掛ける土木管理総合試験所(6171)が大幅続落した。午後1時40分現在、前日比16円(3.47%)安の445円で推移している。一時は435円まで下落した。 
15日に2018年12月末時点の株主に対する株主優待をもって、株主優待制度を廃止すると発表し、嫌気された。当社では「配当金による利益還元をより充実することが適切と判断した」としており、従来4円を計画していた19年12月期期末配当を4円50銭に引き上げ、年間8円50銭にした。前期比では1円増配。配当増額幅が小さく、株主優待制度の廃止の方に大きく反応した。19年12月期の純利益は3億3400万円(前期比2.5%増)と連続して過去最高益を更新する見通し。