Logo stockvoice

Market Overview

【個別株】ぐるなび、カカクコムが安い 公取が「囲い込み」を調査

2019/11/29

ぐるなび(2440)などグルメサイト関連株が弱い。当社は11時20分時点で前日比69円(6.3%)安の1021円、カカクコム(2371)は87円(3.1%)安の2641円と売りが先行している。きょう付の日本経済新聞などで「公正取引委員会が予約座席の囲い込みを問題視している」と報じられ、これを警戒する売りが膨らんでいるようだ。

 報道によると、公取は飲食店情報サイトが一部人気レストランなどで行っているとされる「囲い込み」を問題視しているという。囲い込みは、予約サイト側がライバル他社からの予約をさせなくするため、ライバル社には店舗情報を掲載しないよう店に圧力をかけたり、システム上で他の事業者との空席情報共有を拒否する事例があるという。 予約サイト側が店舗側より強い地位を利用してこれらの行為を行っているとすれば、独占禁止法違反の恐れがあり、公取は9月から「ホットペッパーグルメ」「ぐるなび」「食べログ」を調査しているという。