Logo stockvoice

Market Overview

【個別株】内田洋行がS高買い気配、大幅増収増益の1Q決算を評価

2019/12/02

内田洋行(8057)が多くの買い注文を集めて買い気配値を切り上げ。午前9時30分時点では値幅制限上限となる前週末比705円(15.54%)ストップ高の5240円の水準で値がつかないまま買い気配となっている。

 11月29日の通常取引終了後に今2020年7月期の第1四半期(19年7月21日~10月20日)連結決算を発表。これが売上高493億3200万円(前年同期比48.8%増)、純利益24億7500万円(前年同期は1000万円)と大幅な増収増益だったことを評価した買い注文が寄り付き段階から膨らんだ。公共関連事業が大きく伸び、情報関連事業も採算が改善しており、通期予想は売上高1700億円(前期比3.4%増)、当期純利益25億円(同3.5%増)などのまま変えていないが、同利益の進捗率はすでに99%。当社の収益には季節性があり、単純に4倍とはならないが、それでも今後の上方修正は必至とみた個人投資家などが資金を振り向けているようだ。