Logo stockvoice

Market Overview

上海プラ転、円安で上値追い

2018/08/24

 24日の東京市場は日経平均が2万2601円77銭(△190.95)、TOPIXは1709.20(△10.98)。
 前日の米市場は3指数とも下落。東京市場は日経平均が73円高でスタート。前場は2万2500円付近で揉み合いましたが、後場は一段高。上値を追いながらほぼ高値引けでした。マイナスで始まった上海が午後プラス転換したうえ、1ドル=111円台の円安も追い風になったようです。
 東証1部売買高は9億8377万株、売買代金は1兆7634億円。値上がり銘柄数は1497、値下がり銘柄数は515、変わらずは92。TOPIX業種別騰落率は、紙パルプ、サービス、情報通信、薬品、小売など26業種が上昇。鉄鋼、非鉄、空運、機械、自動車など7業種が下落。
 個別銘柄では、武田、中外、エーザイなど薬品が堅調。パソナ、総合警備、カカクコムなどサービス業もしっかりでした。値上がり率上位は、オルトプラス、MDM、第一精工、ハウスドゥ、システムインテグレータなど。
 半面、新日鉄、JFE、住友鉱山、三菱マテなど鉄鋼・非鉄株が軟調。値下がり率上位は、アトラエ、千代建、ライドオンEX、品川リフラ、山洋電気など。