Logo stockvoice

Market Overview

続落、円安ながら配当落ち分を埋められず

2017/09/27

 27日の東京株式市場は日経平均が2万267円05銭(▲63.14)、TOPIXは1664.43(▲8.31)、日経平均先物12月物は2万320円(△170)。
 前日の米市場は小動き。東京市場は日米金利差の拡大で為替が円安ドル高に振れたにもかかわらず、朝方から売り優勢。9月期末の配当権利落ち分が日経平均で約130円あり、これが押し下げ要因となり続落。配当落ち分を除いた実質では上昇した計算ですが、即日埋めるまでには至りませんでした。マザーズなど新興市場は個人中心の買いで堅調でした。
 東証1部売買高は12億227万株、売買代金は2兆839億円、値下がり銘柄数は895、値上がり銘柄数は815、変わらずは90。
 TOPIX業種別騰落率は電力・ガス、石油、陸運、医薬、非鉄、卸売、証券、情報・通信、その他金融、金属製品など27業種が下落。海運、繊維、鉱業など6業種が上昇。
 個別銘柄では日本郵政やNTT、みずほFG、日産自、三菱商など高配当利回り銘柄が軟調で、トヨタ、キーエンス、武田薬、花王、JXTG、野村HD、楽天も下げました。値下がり率上位はCDG、東海染工、早稲田アカ、第四銀、酒井重工など。半面、任天堂が反発し、東エレク、村田製、第一生命、ヤマトHD、塩野義薬も上昇しました。値上がり率上位はクロップス、PCI、フェイス、みなと銀、日本CMKなど。