Logo stockvoice

Market Overview

【個別株】防護服販売のアゼアスが高い 中国で原因不明の肺炎多発

2020/01/06

東証2部上場で防護服などを販売するアゼアス(3161)が年末年始を挟んで3日続伸。11時20分時点では前年末比23円(3.87%)高の616円と強い動き。国内の各メディアの報道によると、中国湖北省の武漢市で原因不明のウイルス性肺炎の発症が相次いでいるといい、米国デュポン社製の防護服を販売する当社への注目が集まっているようだ。

 武漢市政府は今回のウイルス性肺炎について、新型肺炎(SARS)や中東呼吸器症候群(MERS)の可能性は否定している。とはいえ、きょうは米軍によるイラン軍司令官殺害の余波で東証1部上場銘柄の89%が下落し、日経平均が480円近く下げる全面安の商状。こうした中で、比較的低価格帯にあり材料も出ている当社株に短期的な資金が流入しているようだ。