Logo stockvoice

Market Overview

【相場概況】トランプ声明に安心 大幅反発

2020/01/09

 9日の東京市場は日経平均が2万3739円87銭(△535.11)、TOPIXは1729.05(△27.65)。
 前日の米国市場は3指数とも上昇。トランプ大統領が中東での軍事力行使に慎重な姿勢を示し、安心感が広がったようです。東京市場は日経平均が326円高でスタート。為替の円安やアジア市場の堅調さを支援材料に、じわじわと上げ幅を拡大しました。
 東証1部売買高は11億4656万株、売買代金は2兆1476億円。値上がり銘柄数は1960、値下がり銘柄数は157。TOPIX業種別騰落率は、鉱業、石油石炭のみ下落。上昇率上位は、情報通信、電機、海運、精密、金属など。
 個別銘柄では、トヨタ、三菱UFJ、NTTなど主力株がしっかり。前日売られた川崎汽船、郵船など海運株も反発しました。半面、原油価格の急落を受け、JX、石油資源など原油関連株が軒並み安。