Logo stockvoice

Market Overview

【相場概況】続伸も膠着 雇用統計、3連休で動けず

2020/01/10

 10日の東京市場は日経平均が2万3850円57銭(△110.70)、TOPIXは1735.16(△6.11)。
 前日の米国市場は3指数とも史上最高値を更新。東京市場は日経平均が74円高でスタート。終始買いが先行しましたが、米国雇用統計と3連休を控えて上値を追う勢いはなく、前場11時までに付けた高安の値幅(142円)の間で膠着しました。
 東証1部売買高は10億9160万株、売買代金は2兆1678億円。値上がり銘柄数は977、値下がり銘柄数は1076。TOPIX業種別騰落率は、鉱業、薬品、海運、証券、機械など20業種が上昇。繊維、電力ガス、農林水産、ゴム、空運など13業種が下落。
 個別銘柄では、野村、大和など証券株が強含み。国際帝石、日揮など資源関連の一角も買われました。半面、通期予想を減額したファストリは3%近い下落で日経平均を63円分押し下げ。