Logo stockvoice

Market Overview

【個別株】ティーケーピーが大幅安、3Q増収増益も通期未達警戒で売り

2020/01/15

マザーズ上場で貸会議室サービスを展開するティーケーピー(3479)が急落。11時10分には前日比190円(4.2%)安の4255円と売りが先行している。前日の取引終了後に発表した今2020年2月期第3四半期累計(19年3月~11月)決算が嫌気されているようだ。

 第3四半期累計の売上高は前年同期比48.8%増の396億7400万円、営業利益は42.0%増の49億5900万円、純利益は17.6%増の12億8700万円だった。増収増益だったものの、通期計画に対する進捗率をみると純利益ベースで44%にとどまっており、計画未達への警戒感から市場は売りで反応している。