Logo stockvoice

Market Overview

【個別株】シンシアが新値追い、利益と配当の上方修正を好感

2020/01/21

 コンタクトレンズの製造・卸を手がけるシンシア(7782)が買い先行で大幅続伸。前日に続いて昨年来高値を更新しており、午前9時53分時点で前日比75円(10.9%)高の761円となっている。
 20日の通常取引終了後に現在集計中の前2019年12月期の連結利益と配当の予想を上方修正しており、寄り付き段階から好感買いが増加した。売上高は45億3700万円から前の期比4.6%増の43億7300万円に下方修正したが、当期純利益は4100万円から同5.5倍の8200万円に上方修正した。価格競争の激化によってカラーコンタクトレンズの販売が伸び悩んだものの、販管費の圧縮に努めた効果で利益は予想から上振れした。すでに権利は落ちているが期末配当予想も従来の2円から4円に増額しており、今2020年12月期に対して会社側が一定の自信を持っている表れと受け止める向きもあるようだ。