Logo stockvoice

Market Overview

【個別株】中央化学がS高、中国政府のプラスチック規制で思惑買い流入

2020/01/21

 樹脂製食品容器を手掛けるジャスダックの中央化学(7895)が急騰した。続伸。午後0時53分現在、制限値幅上限の前日比100円(18.02%)高の655円ストップ高買い気配で推移している。 
「中国政府がプラスチック製品の大規模な利用規制に踏み切る」と複数のメディアに伝えられたことから、当社株に思惑買いが向かった。2020年末までの中国政府が全国の飲食店でプラスチックストローの利用を禁じるほか、買い物袋や出前の容器などへの規制を広げ、プラスチックごみの輸入を全面的に禁止するとしており、新素材による食品容器を手掛ける当社にとって追い風になるとの見方が広がった。
昨年11月には継続企業の前提に関する重要な疑義を生じさせるような事象または状況を解消したとしており、今回の報道を機に収益面での好転も見直し材料となった。