Logo stockvoice

Market Overview

【個別株】マネーフォワードが大幅反落、公募増資で需給悪化や希薄化を懸念

2020/01/23

個人向け家計簿アプリ「マネーフォワード」と法人向け「MFクラウド」シリーズを展開している東証マザーズのマネーフォワード(3994)が3日ぶりに大幅反落した。午後1時03分現在、前日比130円(2.61%)4845円で推移している。一時は4680円まで下落した。 

 22日に海外募集の公募増資の実施を発表し、嫌気された。株式需給の悪化や1株利益の希薄を懸念する売りが出た。新たに発行するのは110万株で発行株式総数は5.95%増加する。手取り概算額は47億5000万円で、スマートキャンプの追加株式取得資金や財務基盤の強化などに充当する。発行価格は22日終値4975円から8.0%ディスカウントした4577円。欧州とアジアで実施する。