Logo stockvoice

Market Overview

【相場概況】肺炎拡大 遂に移動制限で運輸株総崩れ

2020/01/23

 23日の東京市場は日経平均が2万3795円44銭(▲235.91)、TOPIXは1730.50(▲13.63)。
 前日の米国市場は小幅まちまち。東京市場は日経平均が188円安でスタート。新型肺炎の感染拡大で市場センチメントが悪化。上海、香港が大幅安し、東京も終始売られました。
 東証1部売買高は10億4906万株、売買代金は1兆9516億円。値上がり銘柄数は433、値下がり銘柄数は1660。TOPIX業種別騰落率は、その他金融、その他製品のみ上昇。下落率上位は、海運、鉄鋼、鉱業、空運、非鉄など。
 個別銘柄では、肺炎に伴う中国・武漢市内の移動制限を受け、郵船、川崎汽船、JAL、ANAなど運輸株が軒並み安。JFE、住友鉱山など鉄鋼・非鉄株も軟調でした。半面、空調用フィルターを手掛ける阿波製紙がストップ高。