Logo stockvoice

Market Overview

【個別株】ハピネットが反落、今3月期業績予想の下方修正を嫌気

2020/01/24

 玩具・ゲーム卸トップのハピネット(7552)が売り先行で反落。午前11時14分現在では前日比44円(3.2%)安の1330円で推移している。
 23日の引け後に今2020年3月期の連結業績予想の下方修正を発表。売上高を従来の2400億円から2200億円(前期比6.0%減)、当期純利益も28億円から13億円(同52.5%減)にそれぞれ減額しており、これを嫌気した売り注文が寄り付き段階から増加した。年末商戦が大ヒットに恵まれず売上が伸び悩んだほか、在庫評価損の計上も響くという。一方、配当方針の変更に伴って期末配当予想は20円から30円に上方修正した。配当に関しては連結配当性向を指標とした方針に変更し、安定的な配当額として1株あたり年間50円を維持するとともに連結配当性向40%を目標として株主還元を実施していくとした。これが株価の下支え要因になっている面もあるようだ。