Logo stockvoice

Market Overview

【個別株】原油株が弱い WTIが一時53ドル割れ 中国警戒続く

2020/01/27

国際石油開発帝石(1605)など原油関連株が弱い。当社は11時時点で前週末比18.5円(1.72%)安の1055.0円、JXTGホールディングス(5020)は6.2円(1.27%)安の479.2円となっている。中国・武漢市で発生した新型肺炎の感染拡大が止まらず、世界経済減速やそれに伴う原油消費量の減少が警戒されているようだ。

 24日の米国市場ではWTI原油先物価格が前日比1ドル40セント安の1バレル=54ドル19セントと大幅続落。27日11時時点の時間外取引では53.00ドル付近で推移しており、日本時間早朝には53ドルを割り込む場面もあった。

 原油価格は年初に米国とイランの対立激化から65ドル水準まで駆け上がったものの、両国の融和ムードや新型肺炎を受け下落基調となっている。東京市場の関連株にとっても厳しい状況になりそうだ。