Logo stockvoice

Market Overview

【個別株】リプロセルが商い伴い急騰、ⅰPS細胞の製造受託サービス開始と

2020/01/27

 ジャスダック上場のリプロセル(4978)が商いを膨らませて急騰。午後1時22分現在では前週末比47円(22.8%)高の253円で推移している。
 当社は東大・京大発のバイオベンチャーで培養液の開発などを手がけるが、「今春にも再生医療用のiPS細胞の製造受託サービスを始める」と一部に報じられたことが材料視された。独自技術で製造し、他社の製品に比べて安全性が高いのが特徴といい、同社は日米欧に拠点を持っており、各地域の当局の規制にのっとって健康な人から細胞を採取してiPS細胞を作るという。
 全般相場が新型肺炎の感染拡大の影響を懸念して景気敏感株中心に大きく売られており、当社株は外国人の保有が少なく景気変動の影響を受けにくいディフェンシブ性も大きな魅力となっているようだ。