Logo stockvoice

Market Overview

円安、権利取りが支え 日経7日続伸

2018/09/25

 25日の東京市場は日経平均が2万3940円26銭(△70.33)、TOPIXは1822.44(△18.42)。
 24日の米国市場はダウが5日ぶり反落。米中両国の追加関税発動、貿易交渉の一時中止が嫌気されたようです。連休明けの東京市場は日経平均が12円高でスタートし、おおむねプラス圏で推移。9月権利取り最終日にあたったうえ、1ドル=113円近くまで円安が進み、支援材料になったようです。
 東証1部売買高は18億3554万株、売買代金は3兆3881億円。値上がり銘柄数は1777、値下がり銘柄数は291、変わらずは43。TOPIX業種別騰落率は、石油石炭、海運、機械の3業種のみ下落。上昇率上位は、金属、化学、空運、電気ガス、陸運など。
 個別銘柄では、NTT、JR東、JTなどディフェンシブ関連が堅調。原油高を受け、国際帝石、石油資源開発なども買われました。値上がり率上位は、アクリーディブ、TATERU、田淵電機、イオンファンタジー、シモジマなど。
 半面、ファナック、安川電、コマツなど中国関連が軟調。値下がり率上位は、スルガ銀、ユーシン精機、ナブテスコ、JBR、島精機など。