Logo stockvoice

Market Overview

【個別株】大幸薬品がS高気配、業績・配当増額と1対3株式分割を好感

2020/02/12

 大幸薬品(4574)がカラ売りの買い戻しを交えて大幅反発。値幅制限の上限となる前営業日比700円(18.2%)ストップ高の4545円まで買われて1月30日につけた昨年来高値を更新しており、午前9時47分現在でも同水準で買い気配となっている。
 10日の通常取引終了後に発表した今2020年3月期の第3四半期累計(19年4~12月期)連結決算が好調で同時に通期の業績と配当の予想を上方修正。株式分割の実施も公表しており、これらを好感した買い注文が寄り付きから増加した。通期業績は売上高が112億6000万円から136億円(前期比30.5%増)、当期純利益も14億2000万円から18億5000万円(同30.7%増)にそれぞれ増額した。新型肺炎の感染拡大を受けて除菌消臭剤「クレベリン」の販売が伸びている。期末配当予想も従来円から30円に修正した。10円の特別配当を実施する。また、3月31日を基準日として1株を3株に分割することも明らかにした。