Logo stockvoice

Market Overview

【相場概況】ソフトバンクG急伸 日経は反発

2020/02/12

 12日の東京市場は日経平均が2万3861円21銭(△175.23)、TOPIXは1718.92(▲0.72)。
 前日の米国市場は小幅まちまち。祝日明けの東京は日経平均が56円高でスタート。上海、香港などアジア市場はおおむね堅調に推移しましたが、東京は特段強い手掛かりもなく、膠着状態。ソフトバンクGの大幅高の影響で日経平均のみプラスでした。
 東証1部売買高は13億9577万株、売買代金は2兆6061億円。値上がり銘柄数は796、値下がり銘柄数は1275。TOPIX業種別騰落率は、情報通信、その他金融、電機、証券、精密など8業種が上昇。ゴム、建設、電力ガス、鉱業、紙パルプなど24業種が下落。海運は変わらず。
 個別銘柄では、米当局にスプリントとTモバイルの合併が認可されたソフトバンクGが11%超の急伸で日経平均を132円分押し上げ。東京エレク、アドバンテストなど半導体関連も買われました。半面、三菱UFJ、みずほ、第一生命など金融株が冴えず。