Logo stockvoice

Market Overview

【個別株】ソフトバンクGは7日続伸、アリババ株等の上昇が追い風

2020/02/13

 ソフトバンクグループ(9984)は売り先行で小幅に下げて始まったが、すぐに切り返して7営業日続伸。午前9時26分時点では前日比61円(1.1%)高の5812円で取引されている。
 12日の通常取引終了後に発表した今2020年3月期の第3四半期(19年4~12月期)連結決算(IFRS)は純利益が4765億円(前年同期比69.0%減)。直近の第3四半期(19年10~12月期)の同利益は550億円(前年同期比96.2%減)と急減したが株価は反応薄。投資会社の性格を強めている当社の株価は日々の資産内容によって評価が大きく変動するため、四半期度ごとの決算内容にあまり大きな意味はない。12日の米国株市場で当社が大株主であるアリババ集団やスプリントの株価が上昇したことが本日は追い風になっているもよう。ただ、昨日までの6連騰で1249円、率にして約28%も一気に上昇してきており、さらに上値を買い進む動きも限られている。