Logo stockvoice

Market Overview

【個別株】ヤマトインダスがS高気配、最終損益の黒字浮上を好感

2020/02/13

 プラスチック部品製造の中堅でジャスダック上場のヤマト・インダストリー(7886)が続騰した。朝方から値付かずの展開となる中、午後1時12分現在、制限値幅上限の前日比150円(16.45%)高の1062円ストップ高買い気配で推移している。 
 12日に2020年3月期の連結業績予想を増額修正し、好感された。営業利益は従来予想の6000万円から1億3000万円に、最終損益は同2500万円の赤字から3000万円の黒字に上振れた。不採算取引の見直しや合理化による経費削減の取り組みが奏功したとしている。同時発表の第3四半期(19年4~12月)の営業利益は1億5600万円(前年同期比4.6倍)、最終損益は6500万円の黒字(同1億円の赤字)で着地した。