Logo stockvoice

Market Overview

【個別株】セイコーが大幅安 中国減速、香港デモで通期減額修正

2020/02/14

セイコーHD(8050)が大幅安。前引け時点では前日比176円(6.7%)安の2414円だった。前日の取引終了後、今2020年3月期第3四半期累計決算と通期業績予想の下方修正を発表し、総じてネガティブに取られているようだ。

 通期売上高は従来予想の2530億円から2480億円に、営業利益は100億円から90億円、純利益は95億円から75億円にそれぞれ減額した。消費増税後の反動が厳しかったほか、中国経済の減速や香港デモの影響が大きかったという。業績予想の前提となる第4四半期の為替レートは1米ドル=110円、1ユーロ=120円を想定している。 同時発表した第3四半期累計期間決算は売上高が前年同期比1.8%減、営業利益は20.0%減、純利益は34.2%減だった。