Logo stockvoice

Market Overview

【相場概況】終始軟調 国内でコロナ初の死者 

2020/02/14

 14日の東京市場は日経平均が2万3687円59銭(▲140.14)、TOPIXは1702.87(▲10.21)。
 前日の米国市場は3指数とも小幅反落。東京市場は日経平均が113円安でスタート。国内で新型コロナウイルスによる初の死者が出たうえ、米国の3連休前とあって買えず。指数は終始底這いでした。
 東証1部売買高は13億5175万株、売買代金は2兆4068億円。値上がり銘柄数は674、値下がり銘柄数は1394。TOPIX業種別騰落率は、ゴム、電力ガス、情報通信、金属、ガラス土石など6業種が上昇。鉄鋼、陸運、紙パルプ、空運、建設など27業種が下落。
 個別銘柄では、トヨタ、パナソニックなど主力株が軟調。日本製鉄、JFEなど鉄鋼株も前日に続き売られました。半面、ダイトウボウ、日本エアーテックなどコロナウイルス関連が急伸。