Logo stockvoice

Market Overview

4日ぶり反落 円安もプラス浮上できず

2018/10/03

 3日の東京市場は日経平均が2万4110円96銭(▲159.66)、TOPIXは1802.73(▲21.30)。
 前日の米市場はダウが4日続伸し、史上最高値を更新。東京市場は日経平均が51円安でスタート。じりじりと下げ幅を広げましたが、10時半すぎに「イタリア政府が財政赤字を抑制した予算案を検討」と伝わり、為替が急速なユーロ高・円安に。日経平均も10円安まで戻しました。ただ、後場は売りに押され、一時240円安。日経平均は4日ぶり反落となりました。
 東証1部売買高は14億6369万株、売買代金は2兆6993億円。値上がり銘柄数は331、値下がり銘柄数は1714、変わらずは65。TOPIX業種別騰落率は、紙パルプ、薬品のみ上昇。下落率上位は、自動車、石油石炭、その他金融、保険、電機など。
 個別銘柄では、トヨタ、NTT、三菱UFJなど主力株が軟調。足元で騰勢を強めていたJX、昭和シェルなど原油関連株も売られました。値下がり率上位は、ネクステージ、ハウスドゥ、カナミック、アミューズなど。
 半面、武田、アステラス、塩野義など薬品株の一角が強含み。値上がり率上位は、スルガ銀、クロップス、アダストリア、レンゴーなど。