Logo stockvoice

Market Overview

日経続落 金利上昇で銀行株は堅調

2018/10/04

 4日の東京市場は日経平均が2万3975円62銭(▲135.34)、TOPIXは1801.19(▲1.54)。
 前日の米市場はADP雇用統計、ISM非製造業指数の内容を好感したのか、ダウが5日続伸で連日の史上最高値。東京市場は日経平均が131円高でスタートしましたが、売り物に押されマイナス転落。後場一度戻しかけましたが、引けにかけて再び下げ幅を広げました。
 東証1部売買高は15億9002万株、売買代金は3兆1077億円。値上がり銘柄数は1236、値下がり銘柄数は800、変わらずは74。TOPIX業種別騰落率は、銀行、石油石炭、保険、卸売、非鉄など21業種が上昇。薬品、化学、その他製品、サービス、不動産など12業種が下落。
 個別銘柄では、JR東、NTT、味の素などディフェンシブ関連が軟調。武田、アステラスなど薬品株も売られました。値下がり率上位は、東急不、KOA、デジタルガレージ、寿スピリッツなど。
 半面、米長期金利上昇を受け、三菱UFJ、みずほ、三井住友など銀行株が堅調。値上がり率上位は、村田製、日本ケミファ、イリソ電子、住友精化など。