Logo stockvoice

Market Overview

【個別株】OLCが買い戻しで逆行高、「ディズニー」休園発表で安心感も

2020/02/28

 東証1部が全面安商状となる中でオリエンタルランド(OLC・4661)が逆行高。午後1時37分現在で前日比55円(0.5%)高の1万2240円で取引されている。
 全般の悪い地合いもあって朝方は売り先行で始まったが、午前中に当社が運営する「東京ディズニーランド」(千葉県浦安市)と「東京ディズニーシー」(同)について、2月29日から3月15日まで臨時休園すると発表し、その後に買い戻しや押し目買いが流入した。
 最近の当社の株価は新型コロナウイルスの感染拡大を懸念する形で大きく下げ、直近の高値である1月15日の1万6075円から本日午前の安値1万1630円まで1カ月半足らずで約28%も下落していた。この間にはカラ売りの売り残高も増えて直近の東証における信用倍率は1.30倍。27日の日証金ベースの貸借倍率は0.21倍まで低下しており、25銭の逆日歩もついていた。もし仮に営業を継続して感染者が出た場合の営業停止期間は今回の休園スケジュール以上に長期化する懸念もあったため、会社側からの休園発表が安心感を呼んでいる面もあるようだ。