Logo stockvoice

Market Overview

日経一時1047円安 米金利高、原油安で世界同時株安

2018/10/11

 11日の東京市場は日経平均が2万2590円86銭(▲915.18)、TOPIXは1701.86(▲62.00)。
 前日の欧州市場は仏、独が2%強の下げ。米国はダウとSP500が3%強、ナスダックが4%強の急落となりました。もともと高値圏にあった警戒感に加え、長期金利の上昇、原油安も重なり、売りが売りを呼んだようです。
 東京市場は日経平均が463円安でスタート。上海が大幅安したうえ、SQ前日というタイミングもあってリスクオフ一色となり、全面安。日経平均の下げ幅は一時1000円を超えました。
 東証1部売買高は19億5248万株、売買代金は3兆7587億円。値上がり銘柄数は56、値下がり銘柄数は2050、変わらずは4。TOPIX業種別騰落率は、全業種が下落。下落率上位は、石油石炭、鉱業、機械、精密、非鉄など。
 個別銘柄では、日経225銘柄のうち大和ハウス以外の全銘柄が下落。ソフトバンクは5%強、ソニーが4%強、トヨタが2%強の下げ。値下がり率上位は、PRタイムス、デザインワン、三光合成、竹内製など。
 半面、ABCマート、ミニストップなど小売の一角が逆行高。値上がり率上位は、技研製作所、多木化学、スタジオアリス、イオンモールなど。