Logo stockvoice

Market Overview

【相場概況】米与野党合意で全面高 1万9000円回復

2020/03/25

25日の東京市場は日経平均が1万9546円63銭(△1454.28)、TOPIXは1424.62(△91.52)。
 前日の米国市場は3指数が大幅高。経済対策で共和党と民主党が合意の方向と伝わり、ダウは過去最大の上げ幅でした。
 これを受けた東京市場は354円高でスタート。売り方の買い戻しが入ったうえ、アジアも堅調に推移し、買いが買いを呼ぶ全面高。日経平均の上昇幅の大きさは26年2カ月ぶりで歴代5位。終値で9日ぶりに1万9000円を回復しました。
 東証1部売買高は22億8028万株、売買代金は3兆7364億円。TOPIX業種別騰落率は全業種が上昇。上昇率上位は、不動産、鉄鋼、海運、非鉄、自動車など。
 個別銘柄では、日経225銘柄のうち中外製薬とユニチカを除く223銘柄が上昇。低金利政策の恩恵を受ける住友不動産、三菱地所など不動産株も買われました。半面、薬王堂、ウエルシアなどドラッグストアの一角が弱含み。