Logo stockvoice

Market Overview

【個別株】SRSは8日ぶり反落、今3月期最終赤字・無配に下方修正

2020/03/26

 SRSホールディングス(8163)は8営業日ぶりに反落。午前10時7分現在で前日比49円(4.8%)安の971円で推移している。
 当社は関西圏を地盤に郊外型ファミレス「和食さと」などを展開する外食の中堅企業だが、25日の引け後に今2020年3月期の連結業績と配当の予想の下方修正を発表しており、嫌気売りにおされている。売上高は従来の460億円から447億5000万円(前期比0.5%増)、当期純損益は2億9000万円の黒字から18億2000万円の赤字(前期は2億8200万円の黒字)にそれぞれ修正した。消費増税や新型コロナウイルス感染症の拡大が響き既存店の売上が低調で本業が伸び悩んでいるほか、子会社に絡む減損損失13億5000万円を特損計上することで最終赤字に転落する見通し。同時に1株あたり5円予想だった期末配当を無配とすることも明らかにした。3月中旬からの見直し機運の台頭を受けて前日まで7連騰していた反動も出ているようだ。