Logo stockvoice

Market Overview

【個別株】ペッパーFSが急落、「継続疑義」注記で売られる

2020/03/26

 「ペッパーランチ」や「いきなり!ステーキ」を展開しているペッパーフードサービス(3053)が4日ぶりに急反落した。午後1時09分現在、前日比96円(16.67%)安の480円で推移している。一時は制限値幅いっぱい寸前の同99円安の477円まで下落した。
 25日に2019年12月期有価証券報告書に「継続企業の前提に関する事項」を注記すると発表し、嫌気された。新型コロナウイルスの感染拡大により、3月以降来店客数が顕著に減少し、売上高が著しく減少しているとしている。営業債務や借入金の返済など資金繰りにも懸念が生じているもよう。2月26日には20年中に主力の「いきなり!ステーキ」業態で74店を閉店する方針を公表していた。