Logo stockvoice

Market Overview

【個別株】しまむらが大幅続落、今2月期予想非開示で不透明感を嫌気

2020/03/31

 しまむら(8227)が売り先行で大幅続落。午前9時24分時点では前日比370円(5.2%)安の6800円で取引されている。
 当社は低価格の実用・ファッション衣料品店を全国展開しているが、30日の通常取引終了後に前2020年2月期連結決算を発表。これが売上高は前の期比4.4%減の5219億8200万円、当期純利益も同17.9%減の131億2500万円と予想から大きく下振れ。消費増税や天候不順などが響いて主力の「ファッションセンターしまむら」の売上が5.4%減と低調だった。2月以降は新型コロナウイルスの感染拡大の影響も出ており、直近の3月度(2月21日~3月20日)の「しまむら」の既存店売上高は12.2%減だったことも明らかになった。会社側は現時点では適正かつ合理的な算定が困難であるとして今2021年2月期の業績や配当の予想は開示しなかった。先行きの不透明感を嫌気した処分売りに押されている。