Logo stockvoice

Market Overview

【個別株】イオンは連日の昨年来高値更新、中国は全土で通常営業に

2020/03/31

 イオン(8267)は6営業日続伸の動きで前日に続いて昨年来高値を更新。午前11時18分時点では前日比32円(1.3%)高の2482円で取引されている。
 日本国内では新型コロナウイルスの感染拡大を警戒する各自治体による外出自粛要請などを背景に「巣ごもり消費」が広がり、足元で日用品や食料品などの販売が伸びているもよう。今後は多額の財政出動を伴う消費刺激策の発動が期待され、今2021年2月期の業績も底堅く推移するという期待感が資金流入を誘っている。また、一部には当社が中国全土で展開する「イオンモール」について4月1日から通常の営業体制に戻すとも伝えられており、これを前向きに評価する動きもあるようだ。直近の信用残動向では売り残高が買い残高を大きく上回る状況が続いており、27日の日証金ベースでは貸株140万5500株に対して融資株は1000株で貸借倍率は0.00倍。5銭の逆日歩がついており、苦しくなった売り方が買い戻す動きもあるようだ。