Logo stockvoice

Market Overview

【個別株】ストライクが急反発、20年8月期上期決算が大幅増益で着地

2020/03/31

 中小企業の事業承継案件主体のM&A仲介事業を手掛けるストライク(6196)が急反発した。午後1時26分現在、前日比280円(8.35%)高の3635円で推移している。一時は3920円まで上伸した。 
 30日に2020年8月期上期(19年9月~20年2月)の単独決算を発表し、素直に好感された。営業利益は15億5100万円(前年同期比60.0%増)、純利益は11億8100万円(同2.3倍)と大幅増益で着地した。事業承継ニーズを中心に、中堅・中小企業のM&A市場が拡大傾向にあり、新規受託業務よりもマッチング、成約業務に重点的に取り組み案件成約数が前年同期比26組相の70組に達した。特に報酬総額1億円以上の大型案件の成約数が8組に達し、単価が上昇した。3月開催予定のセミナーを中止にし費用が抑えられた。通期見通しは据え置き。