Logo stockvoice

Market Overview

【個別株】ユニ・チャームは連日の上場来高値、好業績期待で需給もタイト

2020/03/31

 ユニ・チャーム(8113)は6営業日続伸して株式分割を考慮した実質で前日に続いて上場来高値更新。午後1時42分現在で前日比13円(0.3%)高の4060円となっている。
 もともと紙おむつや生理用品などの需要は景気変動の影響が小さくディフェンシブ性が強いうえ、新型コロナウイルスの感染拡大によってマスク需要が急増していることも収益押し上げ要因。2月13日に公表した今2020年12月期の業績予想では売上高7600億円(6.4%増)、当期純利益630億円(同36.6%増)と2期ぶりの最高益更新を見込んでいたが、さらに上振れるのではないかという期待感もあるもよう。内外年金基金などの中長期の保有が多く、浮動株が少ないこともタイトな需給関係につながっている。日銀による大量の上場投資信託(ETF)買いがさらにタイトにしている面もあるようだ。