Logo stockvoice

Market Overview

【個別株】大都魚類がS高気配、マルハニチロのTOB価格にサヤ寄せ

2020/03/31

 マルハニチロ(1333)傘下の水産荷受け大手で東証2部上場の大都魚類(8044)が急騰した。朝方から値付かずの展開となる中、午後0時51分現在、制限値幅上限の前日比150円(19.33%)高の926円ストップ高買い気配で推移している。
 30日に親会社のマルハニチロが当社株に対してTOB(株式公開買付)を実施すると発表し、買い材料視された。TOB価格は前日30日終値776円を57.9%上回る1225円としたことから、同価格にサヤ寄せする動きとなった。マルハニチロでは完全子会社化を目指すとしている。TOBに関して当社は賛同の意を示しており、TOB成立後には上場廃止となる見通し。TOB期間は本日3月31日から5月21日まで。