Logo stockvoice

Market Overview

「米中貿易合意へ」報道で急伸

2018/11/02

 2日の東京市場は日経平均が2万2243円66銭(△556.01)、TOPIXは1658.76(△26.71)。
 前日の米国市場は3指数が続伸。東京市場は日経平均が73円高でスタート。後場中頃まで上値の重い展開でしたが、午後2時前にブルームバーグが「トランプ大統領が米中貿易合意のための草案作成を指示」と報じると、一気に上げ幅を拡大。ドル円も113円台に乗せました。
 東証1部売買高は18億1812万株、売買代金は3兆5672億円。値上がり銘柄数は1495、値下がり銘柄数は561、変わらずは55。TOPIX業種別騰落率は、機械、海運、ガラス土石、情報通信、鉄鋼など25業種が上昇。紙パルプ、電気ガス、農林水産、陸運など8業種が下落。
 個別銘柄では、ファナック、コマツ、資生堂など中国関連が急伸。前日売られたドコモ、KDDI、ソフトバンクも反発。値下がり率上位は、ワタベウエディング、ハウス食品、大日本住友製薬、キトーなど。
 半面、東電、JR東、大和ハウスなど内需関連の一角が冴えず。値下がり率上位は、千代建、日本車輌、レンゴー、ネオスなど。