Logo stockvoice

Market Overview

【相場概況】終始冴えず 「日銀追加緩和」報道も効かず

2020/04/24

 24日の東京市場は反落。TOPIX業種別騰落率は、石油石炭、保険、薬品、精密、鉱業など6業種が上昇。空運、証券、電力ガス、海運、紙パルプなど27業種が下落。
 前日の米国市場は3指数が小幅まちまち。米ギリアドサイエンスがコロナ治療薬の臨床試験に失敗したと伝わり、尻すぼみでした。
 東京市場は98円安でスタート。上海、香港、米株時間外取引がやや不安定な動きをみせ、東京も終始冴えず。日銀が来週の決定会合で国債、社債の買い入れ枠を拡大すると報じられましたが、ほとんど材料視されませんでした。
 個別銘柄では、アドバンテスト、東京エレク、信越化学など半導体関連が弱い動き。連休中の旅行・帰省客激減を先取りしてか、JAL、JR東など運輸株も売られました。半面、コスモエネ、出光など原油関連の一角が強含み。