Logo stockvoice

Market Overview

【相場概況】経済再開vs第2波リスクで売買拮抗

2020/05/12

12日の東京市場は小幅反落。TOPIX業種別騰落率は、電力ガス、その他製品。薬品、状通信、食品など12業種が上昇。海運、ゴム、空運、不動産、自動車など21業種が下落。
 前日の米国市場は小幅まちまち。東京市場は23円高でスタート。経済活動再開への期待感がある一方、韓国やドイツでの感染第2波も警戒され、売買が拮抗。日経平均は後場一時プラス圏に浮上したものの、アジアが弱含み、マイナス転落して終えました。
 個別銘柄では、前日買われたJFE、川崎汽船など景気敏感株が軟調。取引中に前期決算と今期予想を開示したトヨタも下げ幅を拡大しました。半面、NTT、KDDIなど通信株の一角が強含み。