Logo stockvoice

Market Overview

【相場概況】日経4連騰 マザーズは年初来高値

2020/05/20

 20日の東京市場は続伸。TOPIX業種別騰落率は、非鉄、石油石炭、建設、空運、薬品など27業種が上昇。銀行、自動車、紙パルプ、保険、食品など6業種が下落。
 前日の米国市場は3指数とも冴えず。一部科学メディアでモデルナ社のコロナワクチンの有効性に対する疑義が報じられ、後半に下落に転じました。
 東京市場は日経平均が21円高でスタート。外部環境が比較的落ち着いていたうえ、米中協議をめぐり、クドロー国家経済会議委員長が「通商合意の破棄は全くない」と発言。安心感が広がり、後場さらに強含みました。マザーズ指数は年初来高値更新。
 個別銘柄では、決算が好感された古川電工、UACJが大幅高。TV番組でウイルス不活性化光源が紹介されたウシオ電機も急伸。半面、かんぽ、T&Dなど保険株が軟調。