Logo stockvoice

Market Overview

選挙通過で安心買い 日米とも大幅高

2018/11/08

 8日の東京市場は日経平均が2万2486円92銭(△401.12)、TOPIXは1681.25(△28.82)。
 前日の米国市場は3指数とも大幅続伸。中間選挙を通過したことで安心感が広がったようです。東京市場も日経平均が361円高でスタート。一時は2万2500円台にタッチしましたが、高値圏では戻り待ちの売りも出て、上値の重い展開となりました。
 東証1部売買高は15億3779万株、売買代金は2兆7261億円。値上がり銘柄数は1733、値下がり銘柄数は324、変わらずは54。TOPIX業種別騰落率は、ゴムのみ下落。上昇率上位は、石油石炭、鉱業、その他製品、電気ガス、農林水産など。
 個別銘柄では、国際帝石、JX、出光など原油関連が大幅高。東電、関電など電力株も堅調でした。値上がり率上位は、T&G、ヴィンクス、JES、ヨコオなど。
 半面、通期予想減額のブリヂストン、住友ゴムが大幅安。値下がり率上位は、サンデン、ミツバ、シスメックス、日本特殊塗料など。