Logo stockvoice

Market Overview

【相場概況】小反落 材料乏しく揉み合い

2020/06/24

 24日の東京市場は反落。TOPIX業種別騰落率は、精密、自動車、ゴム、小売、電機の4業種が上昇。海運、繊維、電力ガス、紙パルプ、鉄鋼など29業種が下落。
 前日の米国市場はしっかり。クドロー国家経済会議委員長が再度の経済封鎖を否定、ムニューシン財務長官は追加経済対策に言及し、買い意欲を誘いました。
 東京市場は日経平均が8円安でスタート。前場はおおむねプラス圏で推移したものの、後場は前日終値付近で揉み合い。売買材料に乏しく、売り方・買い方とも動けませんでした。
 個別銘柄では、パナソニック、NTT、三菱UFJなど主力株が冴えず。日本製鉄、JFEなど鉄鋼株も売られました。半面、イオン、ニトリなど小売株の一角が強含み。6月売上高が好調だったしまむらは4%超の大幅高。