Logo stockvoice

Market Overview

イタリア予算控え膠着 原油安も重石

2018/11/12

 12日の東京市場は日経平均が2万2269円88銭(△19.63)、TOPIXは1671.95(▲1.03)。
 前週末の米国市場は原油安を受け、3指数とも下落。週明けの東京市場は日経平均が128円安でスタート。売り一巡後はプラス圏に浮上したものの、イタリアによるEUへの予算案提出を13日に控え、様子見が大勢。日経平均、TOPIXとも前週末終値付近で膠着しました。
 東証1部売買高は12億3161万株、売買代金は2兆1529億円。値上がり銘柄数は887、値下がり銘柄数は1142、変わらずは83。TOPIX業種別騰落率は、繊維、機械、鉱業、空運、倉庫など17業種が上昇。石油石炭、非鉄、海運、サービス、電機など16業種が下落。
 個別銘柄では、東電、JR東、鹿島など内需系が強含み。エーザイ、アステラスなど薬品株の一角も買われました。値上がり率上位は、JBR、ブレインパッド、新日本化学、熊谷組など。
 半面、上方修正の太陽誘電が材料出尽くしで売られ、TDK、村田製なども連れ安。原油安で日揮、JXなど資源株も冴えず。値下がり率上位は、シンクロフード、オロ、三井金属、酒井重工など。