Logo stockvoice

Market Overview

【相場概況】反落 米国で再度閉鎖の兆し

2020/07/14

 14日の東京市場は反落。TOPIX業種別騰落率は、不動産、保険、証券、銀行、非鉄など7業種が上昇。農林水産、空運、陸運、サービス、鉱業など26業種が下落。
 前日の米国市場はダウが上昇、SP500、ナスダックが下落。カリフォルニア州がレストラン、ジム、教会などの閉鎖を発表し、相場の重石となりました。
 東京市場は日経平均が153円安でスタート。国内でじりじりとコロナ感染者が増加しているうえ、上海、香港市場も弱く、終始売られました。
 個別銘柄では、ANA、JR東など運輸株が軟調。ソニー、東京エレクなどハイテク株も冴えませんでした。半面、日銀の追加緩和期待からか、三菱地所、東京建物など不動産が強含み。